公正証書遺言フルサポートパック

パック内容

  • 相続人関係図作成
  • 財産目録作成
  • 遺言書内容相談
  • 心の遺言相談
  • 遺言原案作成
  • 公証役場との事前打ち合わせ
  • 証人2名手配
  • その他遺言作成に関わるご相談

サービス概要

遺言は、法律で定められた形式的な要件に配慮していなかったために無効となることも多く、 また家族を無用の争いから守るために作ったものの、遺言の内容によっては、 新たなトラブルの火種となってしまうことも考えられます。 せっかく作るのですから、このような事態は避けなければなりません。

私たちは、円満な相続にはあなたの【まごころ】が伝わる遺言書を作ることが最大の秘訣と考えています。 そのために、まず相談を通して、財産のことだけでなく、あなたが家族に伝えたいことを聞きながら、 一緒に「心の遺言」+「財産の遺言」がセットになった【まごころ遺言書】を作っていきます。

財産面に関しては、専門家が相続人調査、遺産調査をした上で、遺言を遺される方のご意思を第一に尊重するという前提を 維持しつつ、過去のトラブル事例とかも紹介しながら、かつ長期的な視野から、遺言者様にとって最適と思われる 遺言の内容をご提案させていただきます。

また、「心の遺言」に関しては、いきなり紙とペンをお渡ししても何を書けばいいのか、 悩まれるかとも多いでしょうから、ヒアリングシートなどを用いながら、一緒にご相談しながら作成していきます。 公正証書遺言を作成するのは面倒と感じられるかもしれませんが、私たちの方で公証役場との調整や証人手配などの 面倒な部分は全てサポートさせて頂きます。(印鑑証明書はご自身で取得ください)

オススメする人

  • 相続手続きに家族の手間をかけたくない
  • 安心、確実に自分の意思が伝わるようにしたい
  • 円満な相続を迎えたい
  • 子供も成人し、家庭も持ったので相続財産をどのように分けるか悩まれている方
  • 遺言の内容が複雑
  • 家族の人数が多い
  • 家族以外に財産を贈りたいところがある
  • 家族の仲が悪い
  • 今暮らしている家族のほか、先妻との間にこどもがいる
  • 家族に内緒で認知した子がいる

作成手順

①面談による現状確認、ご要望のヒアリング
(無料相談でお伺いしている場合は行いません) まず、最初にあなたの現状やご要望を確認させて頂きます。 その上で、遺言作成の為の注意点のお話しをさせて頂きます。
②相続人の確定・遺産調査
遺言作成の目的は紛争防止です。後々紛争にならないよう、資料の収集・調査を行います。
  • ◆相続人確定のための戸籍収集
    遺言を書かれる方の、生まれてから今までの戸籍の取り寄せの代行を行います。
  • ◆相続人関係図の作成
    集めた戸籍を元に相続人関係図を作成します。だれが相続人か一目でわかります。
  • ◆法定相続分ならびに遺留分一覧表
    参考までに法定分割した際の割合と遺留分の割合がわかる表を作成します。 この表を元に遺留分の参考にしてください。
  • ◆相続遺産調査
    遺言を書かれる方の財産を一覧表にまとめます。不動産につきましては、固定資産税の評価額で計算します。
③必要書類の収集
不動産がある場合は登記事項全部証明書(登記簿謄本)および評価証明書などの、 公正証書を作る際に必要な書類を収集します。
④面談による今後の方針のご相談
集めた資料を基にどういう遺言を作成するか、方針を相談させて頂きます。 遺言を遺される方のご意思を第一に尊重するという前提を維持しつつ、過去のトラブル事例とかも紹介しながら、 かつ長期的な視野から、遺言者様にとって最適と思われる遺言の内容をご提案させていただきます。
⑤心の遺言相談
ヒアリングシートを用いながら、あなたのお伝えになりたいことを、紙に書き出していきます。 それを見ながら、心の遺言部分の下書きを相談しながら作り上げていきます。ここが重要なポイントと考えております。
⑥下書き作成
その間、当事務所の方では、面談での内容を元に下書き(原案)作成をおこないます。 作成後、作成した下書きをご確認頂き、修正したいところがありましたら、遠慮なくお申し付けください。
⑦公証人との事前打ち合わせ
当事務所の方で、公証人と日程等の段取りを事前に打ち合わせを行います。
⑧公証役場にて公正証書遺言作成
公正証書を作成するには証人が2名必要ですが、当事務所にて証人2名を手配します。 遺言者様と証人2名合計3名で公証役場に行き、作成します。
公正証書遺言フルサポートパック
無料相談ボタン

公正証書遺言のすすめ

公正証書遺言のすすめイメージ

遺言書作成方法には大きく分けて2種類の作り方があります。1.全文自筆で作成する方法。 (自筆証書遺言)2.公証役場で公正証書として作成する方法(公正証書遺言)です。 公正証書とは、法律の専門家である公証人が公証人法・民法などの法律に従って作成する公文書です。 公文書ですから高い証明力があります。

自筆証書遺言はなんといっても手軽に作成できますので、最初に作るのにはいいかもしれません。 また自分で作成するので、費用がかかりません。しかし、変造・紛失・書き方不備など安全性に乏しいためオススメできません。 自分が遺言書を作った場合、まず保管場所に困ります。もし、遺言書が見つかりやすい場所にあり、 最初に見た人が、自分に不利に書かれていたなら、変造したり廃棄したりしてしまうかもしれません。

もし、見つかりにくいところにあれば、そのまま見つからずに遺産分割が終わるかもしれません。 また、紛失の可能性もあります。もしかしたら、書き方に不備があり、無効となってしまうかもしれません。 多いのが、様式不備、日付不備、署名捺印忘れ、内容不備などが挙げられます。 自筆証書遺言にはそういうリスクがあります。せっかく作った遺言書がそんなことになったら残念です。 そういうことを防ぐのが公正証書遺言です。まず、公正証書の保管場所が公証役場に原本がありますので、変造の心配はありません。 また、紛失の心配もありません。だれかに公証役場に遺言があることを伝えておけば、死後、遺言書を探すことは容易です。

書き方に不備と言うことも、公証人の先生が作るのでありません。 あらかじめどういった内容の遺言を作成するのかを伝え、チェックいただきますので、安心です。 そして、死後、自筆証書遺言の場合は法定相続人をすべて集めて、検認というものを家庭裁判所で行わなければなりませんが、 公正証書の場合はその作業が不要です。「検認」とは、遺言の変造を防止するために、家庭裁判所で行う手続きです。 内容の有効・無効を確認するものではないので、検認後、有効・無効を争うこともあります。

法定相続人全員に連絡し、集まってもらうのも結構面倒です。公正証書を作るのは面倒と考えている方も多いかと思います。 しかし相続手続きのほうが面倒です。面倒な作業は専門家に任せましょう。公正証書を作るには証人も必要ですが、 そういった手配も含め専門家に任せましょう。先にやるかあとに残された人に任せるかです。 大切な家族のことを思うのでしたら、是非公正証書遺言を作成ください。

  • お問い合わせ
  • 無料相談ボタン
電話番号:042-339-5080
  • 24時間受付中、初回無料相談申込
  • ミニエンディングノート付きレポート無料プレゼント

セミナーイベント情報

マイベストプロ

太田吉博コラム

  • 個人情報保護方針
  • 専門家ネットワーク
  • ブログ
  • FaceBook

対応エリア

  • 多摩市、
  • 府中市、
  • 稲城市、
  • 八王子市、
  • 調布市、
  • 日野市、
  • 国立市、
  • 国分寺市、
  • 立川市、
  • 相模原市、
  • 町田市、
  • 東京23区、
  • 昭島市、
  • あきる野市、
  • 青梅市、
  • 清瀬市、
  • 小金井市、
  • 小平市、
  • 狛江市、
  • 西東京市、
  • 羽村市、
  • 東久留米市、
  • 東村山市、
  • 東大和市、
  • 福生市、
  • 三鷹市、
  • 武蔵野市、
  • 武蔵村山市